2009年07月12日

上海経由南京の旅ー09

冬瓜で生き返った
「そろそろ昼飯にしよう」
「何を食べる?」、「南京の小吃がいいなあ」
それで秦淮の老街をうろうろと物色して、適当に勘で決めました。
まあちょっと大きめのレストランですが、観光客専用ばかりでもなさそうです。
地方菜が食べられそうです。
「小吃」を連呼しながらお勧めの料理を相談しました。
これは水鶏かなんかですが、ちょっと燻製ぽい味です。
塩味も利いてビールにとてもあいます。どんどん食べてしまいます。

hiru090711-1.jpg

hiru090711-2.jpg

「小吃」だったら包子だろうと勧められました。「ええよ、ええよ」で頼みましたが。
アツアツでジューシーで美味しい。

hiru090711-3.jpg

当然、「臭豆腐はある?」だろうと聞くと、「有る」と元気よく答えられました。
あまり匂いは強烈ではなかったけど、味はしっかり美味しかった。
江南独特の味わいですね。
これがあると幸せです。

hiru090711-4.jpg

これは、冬瓜のスープ。
暑さで結構まいっていたけど、これで生き返りました。
「冬瓜は体を冷やすから夏の暑い時に食べたらいい」と聞いていたのですが、
その通りです。
独特の歯ざわりで、さっぱりといくらでも食べられる。
燻製の利いたベーコンと煮ていてこの肉もおいしい。
食べ終わるとすっかり元気になっていました。

hiru090711-5.jpg
posted by さかな at 02:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、冬瓜のスープが上手ですよ(*^_^*)
シュウマイの餡は何でしたか?もともと羊の肉のはずで、形も写真のものとちょっと違うと思いますが、これは南京のシュウマイかな
Posted by 漫天飄雪 at 2009年07月15日 00:03
漫天飄雪さん。
私も冬瓜のスープを作りました。暑い時にはおいしいです。
Posted by さかな at 2009年07月16日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。