2009年07月14日

上海経由南京の旅ー11

南京博物館
さて、一応悠久の大河も見たので、そのまま南京博物館に向かってもらいました。
「大きい」さすがに故宮のお宝を沢山保管しているだけのところではある。
門をくぐって庭園になっているアプローチを抜けると新造の建物があります。
改装後のもので、隣に休館がまだ残っています。
チケット売り場にいきますが、いくらと書いてません。それで窓口の人に
「いくらですか?」と聞くと、「身分証を出せ」と言います。
「????」と思いましたが、パスポートを出して見せると、
「よし、OK」と投げて返してきます。
要するに無料という事でした。たまたま日曜日だったので無料だったのか、
いつも無料なのかは聞きませんでした。
前に長沙というところで博物館に行った時も日曜で無料だったので、同じなのかも
しれません。
そう言えば、パスポートを見せると外国人にもシニア割引がある観光施設も
あります。老人を大切にするというのはよく感じますね。

中に入って、真っ先に書画の展示室に向かいました。
もしかしたら石濤があるかもしれないとわくわくしていたのです。
しかし、今回は展示していませんでした。数は多いし、いい作品もおおいけど、
ちょっとお宝とはいえんなあと思うものも多く少しがっかりでした。

hakubutukan090714-1.jpg

次は、陶磁器のところです。
さすがにすごいものが沢山あります。
景徳鎮の名品もたくさんあります。
宋や元の時代の青磁、白磁もあるし、東洋陶磁美術館でいつも見るようなものが
沢山ありました。

hakubutukan090714-2.jpg

hakubutukan090714-3.jpg

この青磁は「雨後晴」というやつなんでしょうね。
いいですね。

hakubutukan090714-4.jpg

しかし、どうも展示の仕方なんでしょうか、いま一つ惹きつけられないのです。
展示のセンスって重要なんですね。

期待していただけにちょっとがっかりでした。
posted by さかな at 02:00| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも無料である可能性は高いと思いますわ。最近中国で、博物館無料という町が増えてきたと思います。
先先週大連博物館に行きましたが、無料でした。中には恐竜等を展示てあります。大連ではまた「現代博物館」もあります。中にはむかしの大連の生活スタイルなどを展示てあります。
今回大連に来る時に案内しますわ(*^_^*)
Posted by 漫天飄雪 at 2009年07月14日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。