2010年01月28日

ジョン・コルトレーン、[Ballads」

吹き抜けるような、アグレッシブなサウンド。
高揚しているが、瞑想的でもあった。
ジャズと対峙するという気分にさせてくれる演奏であった。
このアルバムは残念ながらレコードではなく、CDだ。
あのアグレッシブな「コルトレーン節」は結構レコードを持っているが、こういう
静かなバラードは其の当時買ってなかったのだ。
しかし、今聞くとすばらしい。
実に繊細なコルトレーンのサックスが印象的だ。
それに、マッコイ・タイナーのピアノ、エルビン・ジョーンズのドラムスも素晴らしい。
もちろん天才達の集まりだから当然だが。
解説を読んでみると面白い。
このアルバムは実は出た時はかなり不評だったようだ。
あのアグレッシブなコルトレーンが変節したのかと思われたのだろう。
実際は、
「あの頃はマウスピースの調子が悪く、色々細工しているうちに逆に壊れてしまったんだ。
それで早い曲を吹けなくなってしまい、代わりにマウスピースもなく困り果てた結果の
産物なんだ」
というような事情だったとコルトレーンは語ったそうだ。
こんなハプニングで生まれたアルバムだが、
実に抒情的な美しい演奏ばかりだ。
寒い夜は、ウイスキーでも飲みながらじっくり聞いてみよう。

ongaku100128.jpg

毎週、木曜は映画、音楽、書画に関する話です。
posted by さかな at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。