2010年07月22日

John Coltrane / Blue Train

先週はちょっとどっきりジャケットのCOOL STRUTTIN'/SONNY CLARKの話をした。
やわらかい管の音と軽いノリが心地良い。
それで調子にのって、もうちょっときついのが聞きたくなった。
ビールから焼酎に切り替えるようなものだ。ウイスキーやウォッカ、バイヂュウにまでは
行かない。あくまでも焼酎レベルだ。
それでコルトレーンだ。初期のやつ。コルトレーンは段々、求道者になっていく。ウォッカ、
バイヂュウどころではない。今はそこまではいらない。
ちょうどいいのがあった。「Blue Train 」というやつだ。
メンバーは最強だ。
ジョン・コルトレーン(ts)、リー・モーガン(tp)、カーティス・フラー(tb)、
ケニー・ドリュー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
こっちはステレオだ。
「おおっ、突き刺さる」
ジャケットをわからないながらも読んでると、「鋭い」とか「激しい」とか、「刺すようだ」
とか「突き刺さる」とかエモーショナルとかの表現が並んでいる。
明るくて元気がある。
後年のモノほどキツくはない。うなだれながら恐れ入って聞かなくてもいい。
軽く体をゆらしていればいいのだ。
曲名はこんなの、
1. Blue Train
2. Moment's Notice
3. Locomotion
4. I'm Old Fashioned
5. Lazy Bird
50年代後半の録音とある。もう半世紀前やで。
しかし、ええもんはええなあ。

ongaku100722.JPG

毎週木曜は映画、音楽、書画に関する話です。
posted by さかな at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。