2010年12月29日

天神橋、坦々の坦々麺

「あじあんじゃんくしょん」は今年一杯で閉じてしまう予定です。
来年からは、「あじあんじゃんくしょん2」をご愛読いただけますようお願い致します。
「あじあんじゃんくしょん2」は現在すでに運用していますのでいつでもご覧いただけます。

久しぶりに坦々麺が食べたくなった。
あの汁のない本格坦々麺が恋しくなったのだ。
「いらっしゃい」上品なおじさんが出迎えてくれる。
どうもあのおじさん、どっかで見たことがある。前にこの近くで同じ経営の
「好吃」という店があった。イタリア料理店の2階でウエィティングバーまで
ある、とても中国料理店とは思えない店があったが、そこに行った時に
出迎えてくれたおじさんと同じだと思うのだ。
「好吃」は安くはなかったが、感じのいい店だったし、本格四川料理が
食べられたので好きだったのだが、もう今はない。残念だ。
多分料理は似たような傾向だと思うが、やっぱり雰囲気が一番大事なのだ。
「坦々麺下さい」
「辛さはどうします?」
「特別辛いのを」
前にも紹介したことがあるが、東京にある四川料理店風のシステムで、
定食だと、ご飯がおかわりできる。それに付け合わせのおかずもお代わり
できるのだ。東京だと、定食でなくてもいいし、おかずも水餃子や
野菜炒め、分厚く切ったザー菜なんかも食べ放題なのでこっちはちょっと
けちってるかな。
今は沢山食べる人ではないので、それは関係ないのだ。
さて、坦々麺が来た。
「足りなかったらどうぞ」唐辛子と山椒の粉をつけてくれた。
勿論全部入れてしまった。
ここの麺は独特でもちっ、ねばっとして歯ごたえがある。
四川風の辛いタレによくからんでおいしい。辛さの中にゴマの甘さと
風味がからみ、中国山椒のびりり感も加わって相当おいしいのだ。
隣のテーブルでは麻婆豆腐を食べている。
「こっちも旨いのだ」
同行者がいれば両方食べれたのに残念だ。

men101229-1.JPG men101229-2.JPG

店名、「坦坦」
ジャンル 四川料理
住所 大阪市北区天神橋1−20−3
電話 06-6351-0453
営業時間 11:30-14:00 17:30-22:00
定休日 火曜日
言語 日本語
メニュー 日本語

毎週水曜は食べ物に関する話です。
ラベル:B級グルメ
posted by さかな at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。